最後の演奏会

最後……と言われるとびっくりされるかもしれませんが、10年くらいご一緒させていただいた指揮者さんとの最後の演奏会(先日案内していた)です。(驚かせてしまったらすみません。まだまだ演奏活動も続けながら指導をおこなってまいります!)

初めてシティフィルを振られた時は、まだ大学生でしたが、いろんな癖のある大人集団をうまくまとめておられることに感心しました。その頃は休団していましたが、この方の指揮で演奏したいと思い復団。彼からは多くのことを学びました。

そして最後まで、「いきなり本番でするか?!」というような無茶振りにハラハラしつつも楽しい演奏会でした。

次回からは、留学経験の長い阪部慎太郎さん。生活をされていた中で培われたドイツ音楽をたっぷり味わいたい、と気持ち新たに練習を始めます。

さて……

いつもと違うところにお気づきの方もおられるかもしれません。


ヘアードネーションをしてきました。

ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。

wikipedia

ちょっぴり若返った気分、シャンプーが楽になる。その上喜んでくださる方がいる。

寄付をするという気持ちが、普段の手入れをていねいにさせる。『2年前より髪の質が良くなっていますね』と褒めていただきウキウキ気分。

誰かの笑顔に繋がれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

最高記録更新