発表会が楽しみ!

発表会まであと2週間を切りました。

今回はゲストの人数を減らす必要があったり、管楽器はダメとかいろんな制約があり、せっかくの大ホールなのにちょっぴり淋しい。ヴァイオリンの生徒さんには弦楽四重奏を体験してもらえますが、ピアノの生徒さんは次の発表会まで待っていただくことに……ゲストのヴィオラやチェロの方との練習も進み、だんだん良い音になってきました。ゲストの方から、『楽しかった』との声かけをしてもらって嬉しそう。

生徒さんたちも、休校の間に『時間があるから』『プリントは山積みだけど、気分転換に』と、ピアノやヴァイオリンに触れる時間が増えたようです。
練習時間が増えると、当然うまく弾けるようになります。
⇒練習効果がでると、嬉しくてもっと練習する。
⇒練習の方法も工夫ができるようになる。など良い影響が出ています。

コロナの影響で、大変なこともいっぱいあったけど、良いこともあります。
今年の発表会では、大きく成長した演奏に出会えることを楽しみにしています。

最後の追い込み顔晴れ(がんばれ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。