ヨーロッパ研修3日目(インスブルック)

ぐっすり眠って気持ち良く目覚めた朝。近くのカフェで朝食。

その後リンク内を一周した後、鉄道でインスブルックへ。道中懐かしいザルツブルクを通過。前回は一週間ほど滞在したのですが、今回はバス。

日本の鉄道とは大きな違い。改札が無い。車内アナウンスがとっても少ない。次の駅の表示も無い。ドアはボタンを押して自分で開ける。など不安だらけ。

ウィーンをスタートした列車は、トンネルとのどかな風景との交互に現れます。

インスブルックはアルプスの山々が迫り、チロルの可愛い衣装のお店がそこここに。雲が多く写真では上手く伝わらないのが残念。

今宵のお宿は、大好きなモーツァルト様も滞在されたという、こちら。

鉄道でも時間がかかるのに、モーツァルト親子が馬車で演奏旅行をするのは大変だったでしょう。命がけと言われるのもわかります。

そして、馬車に揺られながら、次々と移りゆく景色の中で、たくさんのメロディーが次々と生まれたのでしょう。モーツァルトの空気を感じつつ過ごせる喜びと感謝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。