厳戒態勢のクレモナより

昨年5月、オーストリア各地とクレモナを訪れました。

その時に、ストラディバリ博物館で素晴らしい演奏を聞かせてくださった横山令奈さん。その後、直接お話をさせていただきました。

横山令奈さん、ガイドのEmiko Yasudaさんと

今まで気になっていた日本の音楽教育の話。私が心掛けている指導法。共感することが多く、本場に通じる指導ができていることに嬉しさを感じました。

今、始めようとしているヴァイオリンアンサンブルの後押しをしていただいた気がします。多くの方に、お世話になり刺激を受け、いろんな学びができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

その、クレモナ(イタリア)でコロナウィルスの感染が広がり『チャオ!』の声が行き交っていた街は人影も見えず静まり返ってます。多くの犠牲者が出ていることに心を痛めておりました。

そんな中、横山令奈さんが厳戒態勢のクレモナ市の許可の元、市の象徴である鐘楼トラツィオから、町中に聞こえるようにスピーカーをセットし、サプライズ演奏をされました。

美しい祈りの音楽 Ave Maria が響き渡り、心に染みてきます。

コロナウィルスの感染が早く収束することを祈りつつお聴きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。